検索
TOP News 信頼できる工事店 加盟店一覧・検索 屋根に関するQ&A 屋根関連リンク集 組合概要
屋根に関するQ&A

検索 Q&A内のキーワード検索    条件



  Q.    瓦屋根をリフォームしたいのですが、補償期間は何年ぐらいありますか。法律で決められていますか。


  A.    新築住宅の場合は、平成12年(2000年)4月1日から、工事請負契約や売買契約において10年間の「瑕疵担保期間」が義務づけられるようになりましたので、修理や賠償の請求ができるようになりましたので安心ですが、リフォームの場合は、残念ながらこうした法律の保護はありません。
  したがって、リフォーム時には、工事業者と直接交渉して、保証期間について、契約書の中に書き込むことが大切です。但し、民法637条では、屋根工事等の請負工事について、瑕疵担保責任期間を1年間と定めていますので、1年間の保証はあります。したがって、保証期間は、2年目以降どれくらいの期間かを交渉することになります。

BACK
高知県瓦屋根工事組合公式サイト